インフォメーション

2015年5月

2015年5月の記事一覧です。

加治木温泉病院 地域包括ケア病棟の開設のお知らせ

皆様方には当グループの病院運営及び施設運営に、日頃より格別のご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
現在、政府は団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される「地域包括ケアシステムの構築」を目指しています。
加治木温泉病院は、この「地域包括ケアシステムの構築」への協力を積極的に行う目的で、平成27年5月1日より、2階西病棟60床の 地域包括ケア病棟を開設致します。
地域包括ケア病棟とは、地域包括ケアシステムを支援する病棟で、平成26年度診療報酬改定にて新設された病棟です。病棟機能は高度急性期病院からの患者受入れ、充実したリハビリ等による在宅復帰支援、在宅からの救急患者の受入れ等の機能を備えた病棟で、これからの日本の入院医療の中心となっていく病棟でもあります。
ご不明な点やご意見等が有れば、遠慮なく事務方にお聞きください。
玉昌会グループは今後も、姶良伊佐2次医療圏の「地域包括ケアシステムにおける地方創生」に積極的に参加し、姶良地域の皆様のご期待に添えるよう、努力して参ります。何卒、今後も皆様方のご理解とご協力を賜ります様お願い申し上げ、新病棟の開設のお知らせと致します。
 【病床機能別基準一覧(クリックで拡大します)】

kijun2015_05_01.png