高田病院

  • HOME
  • > 高田病院

高田病院

院長挨拶

takata_inchou.jpg

 

「医療人としての感性」に満ちた病院を目指して

高田病院は昭和32年に創設された高田医院を基礎とし、現在では回復期リハビリテーション病床30床、医療療養病床149床を備えた、全医療療養型病床の病院として、地域の医療・福祉に貢献できるよう全力で取り組んでおります。

病院の機能面では、多くの急性期・一般病医院・地域の皆様のご期待に沿えるよう、当院の方向性・使命は、「地域の慢性期医療を担う病院である。」との認識の下、「より安全、安心、確実な医療」を充実させる目的で、日本医療機能評価機構より「機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.0(主たる機能:慢性期病院、副機能:リハビリテーション病院)」の更新認定、日本慢性期医療協会より慢性期医療認定病院を頂き、さらには、職員のスキルアップのために、各種学会・研究会・勉強会での発表や参加にも積極的に取り組んでまいりました。

また、環境活動にも取り組んでおり、持続性推進機構よりエコアクション21(環境省推奨)認定を頂きました。

介護・福祉の面では、高田病院で通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション、訪問診療を実施しているほか、医療法人として開設した「しあわせの杜 コミュニティーガーデンほりえ(住宅型有料老人ホーム ケアレジデンスほりえ、デイサービス ケアレジデンス風の街、看護小規模多機能型居宅介護 ケアレジデンス星の街)」、居宅介護支援事業所甲東、ヘルパーステーション甲東、訪問看護ステーション まむ鹿児島も、高田病院と一体となり、地域の皆様のニーズへの更なる対応やシームレスな連携の強化にも努めてまいりました。

今後とも、当院は「目配り・気配りの心、気付きの心」=「医療人としての感性」を大切にし、患者さま・ご家族に選んで頂ける病院創りを目指して参りますので、宜しくお願い申し上げます。

医療法人 玉昌会 高田病院 院長 萩原 隆二

 


病院概要

当院の概要・交通アクセス・診療部門・入院についてご案内いたします。

病院概要

地域医療連携センター

鹿児島地区における地域・医療機関・在宅サービスを繋ぐ役割、又、地域に開かれた医療機関としての役割を果たすため様々な相談窓口を担当しております。

地域医療連携センター


リハビリテーション室

リハビリテーション室の施設基準・スタッフ・診療時間・各部門についてご紹介いたします。

リハビリテーション室

透析室

血液透析室の概要・人工透析の診療時間・スタッフについてご紹介いたします。

透析室


通所リハビリテーション

ご自宅で自立した日常生活を過ごしていただくためにサポートいたします。

通所リハビリテーション

人間ドック・健診

人間ドック・健診の項目・料金についてご案内いたします。

人間ドック・健診


広報誌

高田病院 広報誌 「いきいき た・か・た」をご覧ください。

広報誌

高田病院看護部

総師長からのご挨拶をはじめ理念・組織・部署など高田病院看護部についてご紹介いたします。

高田病院看護部


チェリッシュキッズルーム高田

院内託児所 チェリッシュキッズルーム高田についてご紹介いたします。

チェリッシュキッズルーム高田

お問い合わせ

高田病院へのご相談・ご質問などお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ