インフォメーション

「病院」部門で初めてキラメキテラスヘルスケアホスピタルが意匠登録されました

このたび、高田病院の新病院である『キラメキテラスヘルスケアホスピタル』が建築物の意匠として、「病院」部門では国内初めて登録されました(意匠登録 第1672637号)。

また意匠登録建築物部門におきましては、ユニクロ、JR東日本に次ぐ登録となり、九州ではキラメキテラスヘルスケアホスピタルが登録第一号となります。

では今回、意匠登録された「ゼロ動線病棟」につきましてご紹介します。
意匠登録された「ゼロ動線病棟」は、「縁側廊下」と名付けた共用空間(廊下)を外壁側に配し、縁側廊下と一体とした採光規定などを利用し、病室の環境を向上させるほか、スタッフステーションと各病室を直結させ、医療者の「看護動線」を “ゼロ”(最短)とする平面計画です。《動線》《病棟環境》《視線》に着目し、縁側採光に関する法規を病院建築において適用したしたものであり、従来見られなかった病院の意匠であることが、意匠登録のポイントとなったものと考えております。意匠権の発生は、そこで働く方々のモチベーションの向上に繋がるとともに、ビジネスの発展(オリジナリティのアピール、信頼性向上、ライセンス機会の創出など)や、ビジネスの保護(模倣品、類似品の排除、海外での審査などにおける優位性の獲得)といった効果も見込まれます。

下記のWebサイトに「ゼロ動線病棟」の詳細、採用プロジェクトの情報を公開中です。
ぜひご覧ください。

三菱地所設計 Vol.17 ゼロ動線病棟 看守り/触れあいで包み込む安心病棟

キラメキテラスヘルスケアホスピタル

 

病棟模型.jpg
デイコーナー1.jpgデイコーナー3.JPG


スタッフステーション1.jpgスタッフステーション2.JPG
縁側廊下1.jpg縁側廊下2.JPG